二極化が進む!風の時代をどう生きる?「人生の転換期、自分軸で生きる3つの方法」

あなたは今まで

  • 「生きにくい世の中だな」
  • 「なにか違うな」

と、違和感を感じていませんでしたか?

2020年以降、時代が大きく変わり始め、今まで「生きにくかった人」や「今までの価値観に疑問を持っていた人」、すなわち、違和感を感じていた方が生きやすい世の中になっていきます。

西洋占星術では、200年以上続いた「地(土)の時代」が終わり、「風の時代」の時代が始まるとされています。

風の時代へ移行
精神的な安定を求める人が生きやすくなる時代

地の時代は物質的豊かさを象徴しており、家や自動車、お金など「目に見えるもの」に価値がおかれていました。そのため、必死になって会社などの縦社会を駆け上がり、「権力と収入を得る」ことを目標としていました。

これからの「風の時代」は、自由や心の喜びなど「目に見えないもの」に価値観が移行し、「自分らしい生き方」が豊かさの象徴となっていきます。

しかし、全員がこの風に乗れるかは別の話です。

変化を感じた時「今のまま」か「新しく変わる」かで「二極化」が明確になります。

今までどっぷりと「地の時代」に浸かっていた人や、時代の転換期を眺めているだけの人は取り残されていくことでしょう。

この時代の風に乗るためには、しっかりと自分と向き合い「自分の軸」を持つことが大切なのです。

西洋占星術のお話をしましたが、この記事は「占い」や「スピリチュアル」のお話ではありません。

ですが、時代が変わり始めたことは確かです。

この記事では、人生の転換期にどうやって「自分の軸」で生きるか、その方法をお話します。

<心理学で人生好転>

目次

新しい風に乗る「自分の軸で生きる方法」

読書
価値観を知るには読書が最適

自分の軸で生きる方法は

  • 地の時代への執着を捨てる
  • 自分にウソをつかない
  • 流されない知識を身に付ける

この3つの構成でお話をします。

この「自分の軸で生きる方法」は、永松茂久さん(公式ホームページ)の著書「在り方」を参考に書いています。

\あなたは持っていますか?揺るぐことのない自分の軸/

地の時代への執着を捨てる

執着は鎖
執着は鎖、自分を解放しよう

執着心は誰でも持っているもの。

その執着の多くは、地の時代の象徴である「物質的価値観」です。これは物だけではなく「他人からの評価」や「世間体」も含まれます。

物質的豊かさを追い求めてきた私たちは、多くのヒト・モノ・コトに取り囲まれて身動きがとれなくなっている状態。いわば、執着の数だけ鎖に繋がれていると言えます。

執着の鎖に繋がれると、失うことへの恐怖・不安が生まれ、さらに太く頑丈な執着の鎖に変わっていきます。

これではますます身動きが取れなくなりますよね。

人が変わることへ恐怖や不安を感じるのは「現状維持バイアス」という心理作用が働くからです。現状維持バイアスについては[現状維持バイアスを克服する3つの方法]で詳しく解説しています。

執着を捨てることは、変わることへの恐怖・不安を捨てるということ。

あなたの思考は他人や物に固執することがなくなり、シンプルに自分自身と向き合うことができます。

そして、「本当の自分とはなにか」「自分はどういう生き方がしたいのか」などを考え、自分の軸で生きることができるようになるのです。

では、執着を捨て、自分の軸を持つためには何をすればいいのか、具体的な説明をしていきます。

人間関係を整理する

「人間関係を整理する」と言うとなんか嫌な感じがしますが、あなたが新しい風に乗るためには必要なことです。

たとえば今、あなたと友人は同じステージにいます。

友人は現状に満足し、あなたは次のステージに行きたいと思っています。そのため、あなたは次のステージに行くための行動を始めますが、友人は「あなたには無理」「やめたほうがいい」などと言ってあなたの足を引っ張ります。

あなたは、この人間関係に執着することで、次のステージに行くための行動を止めてしまいます。

この友人は、あなたが行こうとする次のステージのことなど考えておらず、「自分のステージからあなたがいなくなるのが不安」「あなたがいなくなることで自分のステージが変わってしまうかもしれない恐怖」など、あなたがいなくなることで起きる自分への影響を恐れ、現状を維持するために精一杯なのです。

考えてみてください。

あなたの成長の邪魔をする人が本当に友人と呼べるのでしょうか。

あなたの成長を妨げる人は、マイナスの要素しかありませんので早く離れましょう。例え、孤独と感じることがあっても、それは成長過程に必要なことです。

もっと言えば[孤独力を高めれば人生は楽になる]のです。

それに、あなたが成長すれば、新しいステージで新しい仲間と出会うことができます。

常識を疑う

常識には、「世間の常識」や「仕事の常識」などがあります。

ここでは「ルール」と言い換えたほうがわかりやすいので「ルール」と呼びます。

あなたは、ルールを当たり前だと思っていませんか。

  • 会社のルールだから黙って従う
  • 上司が決めたことだからやるしかない
  • ふつうはこうでしょう

確かに必要なルールもあります。しかし「ルールだから」ですべて合わせる必要はありません。

仕事でも家庭でも、決められたルールを疑ってみてください。数え切れないほど「無意味なルール」が多くあることに気づきます。

この無意味なルールを少しずつ減らすことで、ルールに縛られる時間を短くし、時間を有効活用できるようになり自分らしい生き方が可能になってきます。

価値観を変える

今までは、「高級車に乗る」「ブランドのバックを持つ」「高いマンションに住む」など、物質的な価値観が当たり前でした。

高級な物を持てば所有欲は満たされますが、本当に幸せでしょうか。見栄のために高級品を買い、生活を切り詰めて生活することがあなたのためになるでしょうか。

要は、自分の価値を他人の価値観にゆだねているだけです。

これからの価値観は「自分らしく自由な生き方」が主流になります。

自分の価値観に他人は関係ありません。

これは物だけではなく、仕事や他人から受ける評価にも同じことが言え、価値観を「他人の軸」から「自分の軸」すなわち、「自分は幸せか、自分は楽しいか」に変えることで、虚栄心がなくなり自由になることができます。

自分にウソをつかない

本音で生きる
本音で生きると自分を好きになる

今までは集団の中で、「自分を偽り殺す」ことが当然とされてきた時代です。

「出る杭は打たれる」ですね。

いかに周りと足並みを揃えるか、多数派に同調できるかが重要視され、個性は不要だという認識がありました。

これからの時代は「自分を偽らない」「自分に嘘をつかない」人間が愛されます。

個を確率する

  • 個性を出す
  • ありのままの自分を出す

口にするのは簡単だけど、急にすることは難しいですね。

まずは会話の中で「あなたの本音を言ってみる」ことから始めましょう。あなたが本心を口に出すことで、周りの人の「あなたの見方」が変わってきます。

自分の個性を出すことに「嫌われるのではないか」など、不安に思う方もおられるかと思いますが、人は万人に好かれることは不可能です。

いくらあなたが自分を偽っても、あなたのことを嫌いな人は一定数存在しますし、あなたは誰からも好かれません。逆に、あなたがありのままの自分を出しても、あなたに好感を持ってくれる人は必ず存在します。

前者と後者どちらがいいですか。もちろん後者ですよね。勇気を持って個を確立し、あなたを好きだと言ってくれる少人数の人たちを大切にしてください。

ここで1つ注意する点があります。

それは、個性と利己主義は違います。他人に損害を与える行為、他人を傷つける行為はけして許されません。

好きなことを追求する

地の時代では「やりたいこと」より「できないこと」に目が向きがちでした。

いかにできないことをできるようにするか。苦手なことを克服して平均点をとるか。要は凸凹をなくして丸くなることばかりに注力していました。

要は、無理をしてオールマイティにこなせる人間になろうとしていたのです。

これでは楽しくないのも当然だし、本来もっている能力をつぶしていたということなんです。

風の時代は「できないこと」より「やりたいこと」に挑戦する時代です。

好きなこと、やりたいことならなんでもいいです。

読書や映画、釣りやゴルフなど時間を作ってとことん楽しんでください。無駄だと思うことでもなんでもいいです。

「何をしていいかわからない」と思う方は、少しでも興味をあることについて調べてみてください。

例えば、「魚ってどうやって釣るのだろう」と思ったら、釣りのことについてインターネットで調べてください。これを繰り返すことできっと好きなことが見つかるはずです。

好きなことをとことん追求することで、人生に楽しみができ、それを仕事にできる可能性も出てきます。

流されない知識を身につける

情報をシェア
情報を共有する時代へ

今までは「知識は受け取るもの」でした。

学校では先生の言うこと、仕事では上司の言うこと、家では親の言うこと、それだけを聞いておけば何も考えずにレールにそって真っすぐ進むことができました。

しかし、受け取るだけの知識は「当たり前のこと」しか入ってきません。中には間違った知識もあるかもしれません。しかし、受け取るだけではその知識が正当なものなのか判断がつきません。

知識は自ら取りにいくもの。

現在では、インターネット上にさまざまな情報があります。知識を習得しようかと思えばいくらでも情報は手にできるはずです。

ですが、インターネット上の情報には、少なからずデマも存在します。必要なのはデマの情報に「流されない知識」を身につけることです。

流されない知識を身につけるためには読書が一番です。

販売させている本は、いくつかの審査をうけて世の中に出てきます。なので、情報としての信頼性は高いです。

さらに、本当に有益な情報は「同じ価値観を持つ人たちと情報を共有する」ことで初めてあなたに提供されるのです。

これからの時代は、横の繋がりが大切になってきます。同じ価値観を持った人たちと繋がり、お互いを尊重し、高め合うことで、どんどん成長していくことができます。

情報の共有とは、実際に自分が体験した事柄や得た知識をSNSなどのツールを使って発信していくことです。この自ら発信していくことを「アウトプット」といい、アウトプットはあなた自身にもメリットがあります。

そのメリットとはこちら

  • 思考が整理される
  • 記憶力があがる
  • 同じ価値観の人たちと繋がる

などですね。

アウトプットすることで、あなたはどんな人間で、なにをしたいのかを明確にすることができます。

まとめ

風に乗る
個になり風に乗る

自分の軸で生きる3つの方法をまとめると

  • 執着をなくして身軽になる
  • 自分を偽らず個を確立する
  • 流されない知識を身につける

これからは「集団」から「個」の時代へ急激に変化していきます。

冒頭でもお話した、今まで「生きにくかった人」が生きやすい世の中になってきます。

ようやく「あなたに時代が追いついてきた」、こんな感じではないでしょうか。

今ここで「自分の生き方」を考えてみてください。きっと明るい未来が見えてくるはずです。

変化を恐れず、古い価値観に縛られることなく、「自分の生き方」を心から楽しみましょう!

\あなたは性格を変えたいと思いますか/

目次